インポテンツの薬の製薬会社と排尿障害

インポテンツは投薬治療をすると劇的な効果がありますが、根本的な治療ではないので、同時に認知行動療法などを行わないと薬に頼ったセックスを続けなければならなくなります。インポテンツの治療薬に関しては勃起改善薬と呼ばれていて、世界中の男性に服用されていますが、この薬は特許が切れているのでジェネリック医薬品が販売されています。バイアグラなどは1錠あたり2千円程度するのですが、インドの製薬会社のものは1錠あたり数百円なのでコストの面では非常にメリットが大きくなっています。インポテンツのジェネリック医薬品を購入する場合には個人輸入業者に注文しなければなりませんが、インドの製薬会社の中には不衛生な工場で作っているものも多いので、低品質の薬を購入してしまうと有効成分が均一に含まれていないので、効果も不安定になることがあります。また製薬会社の中にはアメリカや日本では禁止されている添加物によって錠剤に色を付けている場合があるので、情報をしっかり収集できる個人輸入業者を選ぶ必要があります。排尿障害は男性の場合は前立腺肥大症によって起きますが、治療の必要性は専門医の判断によるので、薬物治療やノコギリヤシサプリメントの摂取などで経過観察をすることが多いのですが、基本的には排尿障害には男性ホルモンや生活習慣病が関わっているので、食生活を見直して運動と食事のバランスを整えることで症状を改善します。排尿障害がひどくなって排尿が困難になった場合には内視鏡手術を行って部分的に切除しますが、基本的には薬物治療やサプリメントなどによる治療で改善する方法が選択されます。原因は生活習慣病や運動不足で、とくにデスクワーカーは椅子に座った姿勢でいる時間が長いので前立腺肥大症にかかりやすいとされています。

ページトップへ