インポテンツ薬の処方価格と皮膚疾患の副作用について

若い頃は女性関係が激しく、下半身にも自信があった男性でも、年齢とともに衰えていくので、ある日を境にインポテンツの症状に悩まされることがあります。
それを改善するため、さまざまなメーカーの精力剤や栄養ドリンクを試してみたけれど、どれを飲んでみても効果がなかったという場合は、市販のアイテムでは治すことは出来ないでしょう。
ではどうやってインポテンツを改善すればいいかといえば、バイアグラなどのED治療薬を使うしかないので、お医者さんの診察を受けるのは恥ずかしいとは思わず、病院に行くようにしてください。
インポテンツと診断されたら、すぐに薬を出してくれるので、それを服用すれば、大抵の方は昔のような、正常な勃起が出来るようになります。
ただし人によっては、顔のほてりやめまい、頭痛などの副作用が起きますし、蕁麻疹などの皮膚疾患が起こることもあります。
頭痛や、皮膚疾患でひどいかゆみを感じると、性行為に集中出来なくなってしまうので、市販の頭痛薬や、かゆみ止めの薬で抑えるようにしてください。
頭痛や皮膚疾患の症状があまりにひどい場合は、体質に合っていない可能性があるので、それをお医者さんに告げれば、別のED治療薬を処方してくれるはずです。
病院によって、ED治療薬の処方価格は違いますが、尿器科で処方してもらうと、初診料が1500~2000円、バイアグラの価格は50mgで1錠1500~2000円というのが相場になります。
2回目以降は再診料がかからず、薬代のみの支払いで済むところがほとんどです。
病院によっては初診料が無料の場合もありますが、この時の処方価格は、1錠で2500円前後になるようです。
病院の処方価格が高すぎると感じる方は、安値で販売している個人輸入代行通販で購入することをおすすめします。

ページトップへ